架空の杜

人生とは連続する刹那である

高津カリノ先生の新刊

年一冊のペースなのにもう五巻なのか。滑った感じのあるタイトルと、設定が日常離れしているので初速は悪かったですが、天才的なネーム運びは健在で巻を重ねる毎に面白くなるという特徴はそのままです。販促ペーパーが欲しいので書店で買います。

f:id:PEH01404:20180921140445j:plain