架空の杜

人生とは連続する刹那である

銀行業の問題点

銀行業の最大の問題点は薄利多売であり、ある客に対する融資100の元本に対し一年の利益は2−3にしかならないのに対し、この客が倒産すると、不良債権は100発生してしまう訳で、その不良債権を埋めるために、同様な客に対する同様な融資があと50個ちかく必要になる、という点にあります。